4.能楽ショートコメント

2018年9月11日 (火)

6月 ルーマニアにも行きました

本年6月、ルーマニアの小さな都市 シビウにての国際演劇祭に参加させて頂きました。
田舎の古く小さな教会で、世界大戦で亡くなっていった戦士を弔うべく敦盛の演能。
空間演出家の井上信太氏による造形と共に緊張感のある舞台をつとめました。
亡くなった戦士の名前が刻まれる壁に囲まれての演能は、4次元にも5次元空間が繋がりました。
Img_20180615_202626hd


| | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

川越おおひろま能 終えました 平成30年3月18日

去る3月18日(日)、川越の老舗料亭山屋の大広間をお借りして「川越おおひろま能」を催しました。
私の企画する初めての自主公演、おかげさまで満席のなか、心配なことも御座いましたが、
あたたかいお客様、山屋様、当日スタッフ、共演の能楽師のおかげで、皆様に大変喜んでいただけた素晴らしい会となりました。
お客様と同じ目線で演能できる会をしたい、と昔から思っており、実現できたこと、大変うれしく思っております。
また開催してほしいとのたくさんのお声を頂いており、これからの課題となります。
まずは報告まで。
Image073

江戸末期川越の豪商の別邸であり大名を迎えた貴賓館でもあった
明治から料亭として使っている山屋の大広間


Image049

私の川越凱旋公演でもあり、初番の舞囃子高砂で祝ってもらった気持ちです。
シテ 林本 大


Image016

「羽衣」 目の前で能が演じられる、その気と空気をお客様には感じて頂けました。 
シテ 武田宗典

Image021

心より皆様に感謝申し上げます。


| | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

岸和田 能楽堂

Img_20171020_175354hd

10月18日、こちらの能楽堂で舞台でした。
杉江能楽堂、明治始めに岸和田の最後のお殿様の援助で杉江家が、作られた舞台。
額の文字は殿様の書。


| | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

2017 天神祭 能船

Dsc_0205


今年は宵宮(24日)に、三番三と乱を勤めました。
※左 貞光智宣君(笛) 右 中田一葉君(太鼓)  奥 上野朝義先生(シテ方)

写真は美肌加工されています。

| | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

銀座 観世能楽堂にて

先日 6月25日に東京 銀座の新しい観世能楽堂にて舞台を勤めて参りました。
第一回武田宗典の会にお邪魔し、舞囃子「高砂 八段」 と能「井筒」を。
舞台は怖いところですが、幸せな場所でもありました。

「業平の面影  見ればなつかしや」の宗典氏。

Received_634262890114741
(写真提供 前島吉裕)

| | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

円教寺能

昨年社中遠足でうかがった円教寺で本日、能をします、葵上。
貴重な経験です。
シテ 上田大介 ツレ 笠田祐樹
1479618295917.jpg

1479618297649.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

お稽古場です。

暑さに負けています。

1470206797949.jpg

本日午後は何もないので、お稽古場に来ております。河原の日陰はやや涼しいです。

外での稽古がやはり一番稽古になります。

秋の道成寺二連戦に向けて、ぼちぼちお稽古始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

福山 お寺で薪能

喜多流大島家の催しで福山へ参りました。
三和の森光信寺薪能 舞囃子 加茂と能には葵上。
雨のため外での予定を変更し本堂内での演能になりました。変更を決定してからみんなで
1470016248052.jpg
会場作り、私は扉はずしに奮闘しました。

写真の通りお客様には同じ目線ですぐ側で観られるすごくいい会場になり、お得な催しになった感じでした。
御息所の装束が素晴らしかった、その事を後席で大島輝久さんに申し上げると、ご両親のご結婚の時のうちかけ、能装束にもできるようにとお祖父様から贈られたものとのこと、その刺繍はもっとそばでみたかった、また能って改めてすごいなぁと感じました。
衣恵さんのシテ、地謡もゾクゾク、一緒の舞台に立たせてもらい幸せでした。

1470016249861.jpg

一泊して朝には部屋から福山城が見えました。

| | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

ブルガリア公演 9月28日~10月7日

夏のサンクトペテルブルグに続き、先日はブルガリア ソフィアへ公演のため行って参りました。
夏の終わりのブルガリアはとても心地よくて、過ごしやすかったです。
山本能楽堂の海外公演はいつも工夫があり、今回はブルガリア人との共演でした。
現地の劇場の女優さんや空手など日本に精通している方々数人が、能 紅葉狩 のツレをするというのです。山本章弘氏が事前にお稽古をつけて、前日に囃子と合わせて、いざ本番、素晴らしい共演でした。
数年前にスペインでワークショップをして、スペイン人学生に能を教えて発表会をしたことを思い出しました。

国営テレビにその模様が放送されました。

http://bnt.bg/part-of-show/otkriha-dnite-na-yaponskata-kultura-v-ba-lgariya-s-klasicheski-teata-r-no

荘厳なソフィア劇場

Sofia_1

近くにはトラキア人(世界史で出てきましたね)の遺跡があり、視察致しました。
Photo

よく歩いて少しやせました。
Photo_2
おしまい


| | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

7月10日 ロシア サンクトペテルブルグ公演無事終了


1


金剛流お家元率いる一座にて、サンクトペテルブルグ エルミタージュ美術館内で演能して参りました(写真 エルミタージュ美術館)。
8_3


かつての宮殿としてのエルミタージュはエカテリーナ劇場という貴族のプライベート劇場を備えており、


3


その250年以上前の素晴らしい舞台で、囃子と羽衣を。

世界遺産の歴史地区で、日本の無形世界遺産を披露。

2_4

6


そこに加わらせていただいたことは光栄なことです。素晴らしい舞台で、ハイレベルのメンバーと、高い舞台芸術を持つ国で


この機会も自分の糧としていきたいです。

| | トラックバック (0)